2018年のブログ

2018年

10月

01日

「種子」をテーマにシェアReadingの会

9月30日、台風24号がくる直前の午前中、毎月恒例の季楽荘(横浜市緑区中山)でのシェアReadingの会を開催しました。
今回のテーマは「種子」。

種子をテーマにシェアReadingの会
種子をテーマにシェアReadingの会
続きを読む 0 コメント

2018年

9月

26日

幻の味、モクズガニ料理の会に参加

スタイリストとして活躍する一方で、ヨガを教えてもいる友人の澤木祐子さんと企画した「ヨーガリトリートin大多喜」。私たち含め、総勢8名の参加でした。

その初日、みんなが大多喜に到着してすぐに、廃校活用されている老川小学校で行われたモクズガニを使った郷土料理を学ぶ会に直行しました。 

続きを読む 0 コメント

2018年

9月

14日

ブラムリーというりんご、知っていますか?

ブラムリーに初めて出会ったのは、10年以上前。
某農業系雑誌を通じて、「小布施でブラムリーの栽培を本格的に始めるので、どんな料理が向くか考えてくれないだろうか」という話が持ち込まれました。

ブラムリーはイギリス生まれの大きなクッキングアップル。

そのまま食べると、とっても酸っぱいのです。

ブラムリーはこんなに大きいんです。
ブラムリーはこんなに大きいんです。
続きを読む 0 コメント

2018年

9月

13日

デカフェをもっと!

ウチの近くの某カフェで、テレビの仕事で打ち合わせ。
暑さもおさまってきたので、片道4キロほどの道のりを自転車で。

自転車が気持ちいい季節になりました!

ここ、誰でもが知っている某大手カフェのワンランク上の作りの店舗ということになるのですが、一杯ずつ丁寧にコーヒーを淹れてくれるのも魅力ながら、十種類以上のメニューをデカフェで注文できるのが、私には魅力。

続きを読む 0 コメント

2018年

9月

09日

9月の秘密の気まぐれ料理教室は、、

9月の秘密の気まぐれ料理教室、初日開催。

いろいろな分野で積極的に動いている方々がご参加くださり、さまざまな話題が飛び交いました。
いつも思うのは、この料理教室は、集ってくださる方々の魅力のおかげで成り立っているなあということ。

飲める方はカヴァで乾杯。他の方は庭のハーブティーやルイボスチャイで
飲める方はカヴァで乾杯。他の方は庭のハーブティーやルイボスチャイで
続きを読む

2018年

9月

09日

種子法廃止について概観するならおすすめのブックレット

農文協が編集し、2017年12月に出したブックレット「種子法廃止でどうなる?」を読みました。

 

2017年4月、国会で、稲、麦、大豆の優良種子の生産と普及を都道府県に義務付ける種子法(正式名称「主要農作物種子法」)の廃止が決まったことを受けて編まれたもの。

 

10名以上の方々からの文章が寄せられており、それぞれの言葉で語られていることから、とても読みやすい構成になっています。

続きを読む

2018年

9月

07日

「種子が消えればあなたも消える」

種屋に生まれたという著者、西川芳昭氏の専門は農村開発、農業生物多様性管理。種子調達や品種管理の調査研究を手がけてきた。

 

2017年2月。種子法の廃止が閣議で了承されたことをきっかけに、種子と人との関係に興味を持つ人が増えてほしいという思いで書いた本という(その後、種子法は2018年4月1日を持って廃止された)。

続きを読む 0 コメント

2018年

9月

06日

フードファディズムは永遠に続くのか

フードファディズムという概念を日本に紹介した高橋久仁子氏のお話を伺う機会を得ました。

 

「27年間費やしてきても、何も変わらない」


諦めにも近い高橋氏の言葉。

それでも伝え続けていくしかないというその姿勢に感銘を受けました。

講演中の高橋久仁子氏
講演中の高橋久仁子氏
続きを読む 0 コメント

2018年

8月

16日

「日本人が知らない漁業の大問題」を読んで

著者の佐野雅昭さんは、水産庁出身で学者になった方。専門は水産物流通の水産経済学者です。

この本では、「確かにそうだ!」と膝を打つような視点(でも言われなければ気づかないようなこと)が多く提示され、これからの漁業を考えるに際してとても参考になりました。

続きを読む 0 コメント

2018年

8月

16日

「日本の漁業が崩壊する本当の理由」って?

著者の片野歩氏は、20年以上に渡って、北欧中心に水産物買い付け業務に携わった経験を持ちます。


そしてその経験を元に、水産物のサステイナビリティを議論する国際会議「シーフードサミット」に参加し、
日本人初の最優秀賞を政策提言部門で受賞しました。

 

この本では、漁業先進国と言われるノルウェーとの比較を中心に、日本の漁業の課題を記しています。

続きを読む 0 コメント

2018年

8月

16日

ゲノム編集と遺伝子組み換えってどう違うの?

こんなことだったとは、、、ととても残念です

続きを読む 0 コメント

2018年

8月

11日

7月の教室はひじき特集でした

月に1〜2度自宅で開催している秘密の気まぐれ料理教室。

7月のテーマはなぜか唐突に「ひじきにしよう!」というわけで、
ひじき特集にしました。

数年前にテレビ朝日の「食彩の王国」で
ひじき料理をご紹介する機会をいただき、
多くの方から

ひじきってあんなにいろいろな料理になるんですね

とご感想をいただいたので、それをご紹介したいなあ、と。

ひじきのポタージュ
ひじきのポタージュ
続きを読む 0 コメント

2018年

7月

02日

6月の秘密の気まぐれ料理教室は

6月の秘密の気まぐれ料理教室は、こんなメニューでした。

ブルゴーニュの郷土料理 ジャンボンペルシ
自家製マスタード
クスクスのさっぱりサラダ
きゅうりのディル風味サワークリームサラダ(おまけ)
レモンクリームパスタ
オクラ入りアフリカ風シチュー
ブルターニュ地方の伝統スイーツ、ファールブルトン

ブルゴーニュの郷土料理ジャンボンペルシを寒天で簡単ヘルシーに
ブルゴーニュの郷土料理ジャンボンペルシを寒天で簡単ヘルシーに
続きを読む 0 コメント

2018年

5月

05日

休耕田に菜の花を植える

GWに大多喜の家を訪れた時に、最寄りの養老渓谷駅で「ハルイチバン」という菜種油を販売しているブースに出会いました。


聞けば、この油は、3月に一人車を走らせていた時に偶然目にした市原市の菜の花畑の種を収穫して絞っているのだとか。そうそう、この畑でベトナム人の若い女の子二人を車に乗せて大多喜の家に連れて行くことにもなったのでした(笑)。

この菜種油を買うことでいろいろないいことが
この菜種油を買うことでいろいろないいことが
続きを読む 0 コメント

2018年

4月

25日

水にハーブを入れるだけ。ハーブウォーターですっきり

庭のミントが出てくると作り始めるのが、ハーブウォーター。

ミントやレモンバーム、レモングラスなど、すっきり爽やかな香りのハーブを適当に混ぜて冷水筒に水と共に入れておくだけ。

ミントとレモンバームを水に入れておくだけで作れます
ミントとレモンバームを水に入れておくだけで作れます
続きを読む

2018年

4月

23日

神戸市の食品ロス調査を元にクエスチョン・ストーミングをしてみた

神戸市が、2016年冬と2017年夏にモニターを募集して行った食品ロス実態調査。その概要が、神戸新聞のウェブサイトに掲載されていました。


ちょうど「Q思考」という質問する力について書かれた本をテーマに、共に読み、ワークを行う読書会を開催していたことから、これを題材に、Qストーミング(クエスチョン・ストーミング)を試してみました。

食品ロス削減について提案型の質問も多々
食品ロス削減について提案型の質問もあげられました
続きを読む 0 コメント

2018年

4月

23日

食糧危機に立ち向かう科学者たちの物語

「世界からバナナがなくなるまえに」
(Never Out of Season: How Having the Food We Want When We Want It Threatens Our Food Supply and Our Future)
は、私たちの食べものである植物を守るために、時には自らの命すら投げ打って研究してきた科学者たちの記録であると共に、目先の利益を優先してきたことが、今、ともすれば壊滅的な食糧危機にすぐにも陥らないとは限らない現状への警鐘の書でもある。

読み物としてもとてもおもしろく、時には涙しながら読み進めた。

ぜひ一人でも多くの人に読んでほしい。

世界からバナナがなくなる前に
世界からバナナがなくなる前に by ロブ・ダン
続きを読む 0 コメント

2018年

4月

18日

たけのこ三昧!

千葉県夷隅郡大多喜町に昨年購入した家の庭に、たけのこがニョキニョキ!
というわけで、今年は例年になく、食卓へのたけのこ登場率が上がっています。

たけのこをベーコンと山椒の葉で
たけのこをベーコンと山椒の葉で
続きを読む 0 コメント

2018年

4月

15日

米粉はこ〜んなに便利!

「粒で食べる量が減ったのなら、粉での美味しい食べ方を提案したら田んぼを残せるのでは?」という思いで、2007年から米粉レシピ開発に取り組んできました。

もう12年目ということに!!

いろいろなところで米粉料理教室は開催してきているし、自宅での教室でもメニューの中には組み込んできたのですが、意外に皆さん米粉の全貌についてご存知ない!ということに最近気付き、久しぶりの「秘密の気まぐれ料理教室」は、米粉の使い方に特化したメニューにして3月に1回、4月に2回、ほぼ同じ内容で開催しました。

大多喜の家の筍とグリーンピース、ハムを具にした米粉のケークサレ
大多喜の家の筍とグリーンピース、ハムを具にした米粉のケークサレ。劣化が速いことが欠点と言われますが、油脂分の多いケークサレなら大丈夫
続きを読む 0 コメント

2018年

3月

05日

プラスティックが魚より多くなる?

2050年には、世界の海に棲む魚よりも、世界の海に漂うプラスティックの方が、重量ベースで多くなると言う衝撃的な予測があります。

私たちの暮らしに欠かせないものとなってしまった感もあるプラスティック製品。


でも、このままでいいものでしょうか?

規制を進める国や地域も出てきています。

インドネシア、マナドの海は魚も多く美しい
インドネシア、マナドの海は魚も多く美しい
続きを読む 0 コメント

2018年

2月

27日

「備える」をテーマに読書会in中山

2月22日に「備える」をテーマに開催した読書会。
参加してくれた皆さんも、それぞれに「備える」というイメージで選んだ本を持ち寄ってくれての読書会となりました。

 

私が直前に「Q思考」と言う本を読んでいたこともあり、「備えは必要がない」ということに対してとにかく質問をたくさんあげてみるという、質問ウォーミングアップから始めてみました。

私が持ち込んだ本、皆さんが持ち寄ってくれた本の中から好きな本を一冊選びます。
私が持ち込んだ本、皆さんが持ち寄ってくれた本の中から好きな本を一冊選びます。
続きを読む 0 コメント

2018年

2月

10日

未来の食はどうなる?〜「料理と科学のおいしい出会い」を読んで〜

分子レベルでおいしい料理の秘密を探り、よりおいしい料理を開発する「分子調理」の研究者・石川伸一氏による本「料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える」を読みました。

分子レベルでおいしい料理の秘密を探り、よりおいしい料理を開発する「分子調理」の研究者・石川伸一氏による本
「料理と科学のおいしい出会い」味覚のしくみと、食の分野での新しい技術の紹介
続きを読む 0 コメント

2018年

2月

02日

本を読まずに参加できる読書会@横浜市緑区

昨年10月から、月に1度程度の頻度で開催している読書会。

本を読まずに参加できます。
本を介しての対話を重視した読書会です。
その場の2時間では到底本を精読することはできません。

でも、みんなで同じ場に集まって本を読むことで、他の人の視点とともに読書ができるおもしろさ(ってどういうことかは体験してみていただきたいのですが)をきっと体感できるはず。


ずっと深くその本とお付き合いできるようになると思います。

1月22日に開催した読書会終了時の記念撮影
1月22日に開催した読書会終了時の記念撮影
続きを読む 0 コメント

2018年

2月

01日

英語で1時間の講義に初挑戦!挑戦って楽しい!

すでにだいぶ時間が経ってしまった昨年暮れのことになりますが、
慶應大学経済学部で、
Individual Actions for Food Sustainability
〜How can we make the world a better place to live?
と題して、1時間英語でお話させていただく機会を得ました。

ほとんどが男性。外国からの学生さん、関心を持つ保護者の方々も。
ほとんどが男性。外国からの学生さん、関心を持つ保護者の方々も。
続きを読む 0 コメント